2012年10月04日

絶版漫画をお探しなら

渋谷PARCOパート1の6階に、

「渋谷サブカル書店」がオープンしました。
http://blog.fukkan.com/yaen/2012/09/no163-9a6f.html

??どんな本屋さん?

復刊ドットコムさんのリアル書店といえば、イメージがわく方もいるのではないでしょうか。

そう、絶版書籍を復刊された(した)漫画をあつめた本屋さんなんです。

上記のリンクから店舗の様子がちょこっと分かります。

posted by のんぶる at 09:27| 時事ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

本屋さんでのお取り寄せがスピードUP!?

アマゾンのような通販で本を買う習慣がなかった(サービスがなかった)頃は、
本屋さんにない探している本は、街の本屋さんに注文して取り寄せてもらってました。

今では、すっかり利用しなくなったサービスですが、

もちろん現在でもこのサービスはあります。

注文からお店に届くまで、平均で1週間程度かかるそうです。
特急便というのがあるそうで、これだと2、3日。
(本屋さんの利益を削る形になるそうな。どおりで、聞いたことないはず。)

この取り寄せ時間を短く出来ないかという取り組みが行われています。

それが、
楽天が中堅書店に本を卸す取次ぎ事業を始めるというもの。
来年2013年の春まで実証試験中です。

大量の本を流通させるのに適した現在のシステムが苦手とする
少量単位の本の流通のシステムなんですね。

これが、うまくいくと、
お近くの本屋さんでも早く本が手元に届くようになるかもしれませんね。
たのしみです。


posted by のんぶる at 09:23| 時事ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月01日

村上春樹 芦屋大検定って何?

昨年話題になった本「1Q83」の著者、村上春樹さんの検定が開催されるそうです。

その名も「村上春樹 芦屋大検定」
http://www.city.ashiya.lg.jp/kouminkan/acc/luna/murakami.html

合格者には、合格証と成績上位者には芦屋の有名洋菓子が贈られるそうです。

なんで?兵庫県の芦屋?

村上春樹さんは、
10代の大半を芦屋市で過ごしたそうです。
そこで、ゆかりの地である芦屋市が村上作品の魅力を多くの方に紹介するため
この検定を市と市教委が主催したというわけです。

試験は、4択問題数十問で難易度は高いとのこと。

定員600人、受験料500円、試験日は2月19日。


面白いご当地検定ですね。
posted by のんぶる at 17:01| 時事ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。